紫雲会 会長あいさつ

2016年紫雲会総会にて会長に選任されました山本清和でございます。これまで長年にわたり西山隆司様が務めておりました会長職を引き継ぐこととなり,大変身の引き締まる思いでおります。紫雲会の伝統と実績をより大きなものとできるよう、尽くして参りたいと思います。何卒宜しくお願い申し上げます。

さて、母校である北海道札幌旭丘高等学校は昭和33年に開校して以来、多数の卒業生を輩出しております。平成27年度には、ついにその数は2万人を突破し、着実にその歴史を積み上げて参りました。
また、その過程で、校舎の改築、カリキュラムの変更等、大きな変化がございました。
しかし、汗をかきながら登った坂道の通学路、緑豊かな自然に囲まれた校舎での学びは、どの皆さんにも共通する青春時代ではないでしょうか。

紫雲会は、同窓生の皆様に母校の現状をお伝えし、また、各界で活躍されております皆様が青春時代を振り返り、新たな力を得る、そのような場を目指しております。また、在校生が充実した高校生活を送れるよう、課外活動などへの支援も行って参りたいと思います。毎年、紫雲会総会及び懇親会を、各卒業期の同窓生が担当しておりますが、同期に限らず、世代を超えた交流が生まれ、非常に活気に満ちた会となっているものと思います。

これまでに積み重ねた歴史を大切にしつつも、ご活躍の同窓生の皆様のさらなる発展に寄与し、ひいては母校北海道札幌旭丘高等学校の応援ができるよう、尽力して参りたいと思います。今後とも紫雲会への御理解・御協力を賜りますよう、重ねてお願い申し上げます。

2017年 5月 26日
紫雲会会長 山本清和 (21期)